2014年12月 2日 (火)

総選挙公示!

いよいよ総選挙公示!

ところが日本の選挙制度では、公示されると拡声器や紙媒体での宣伝にすっごい制限がつくので、逆に有権者への情報が急激に減ってしまうという事態になってしまいます。

で、前回の選挙からネット選挙が解禁され、ネットではずいぶん自由に選挙ができるようになりました。

そこで日本共産党は、ゆるかキャラ「カクサン部」がデビュー

今回は第二弾で割るキャラが登場。

http://www.jcp.or.jp/kakusan2/

原発の再稼働へ暴走する サイかど~

若者を使いつぶす BK(ブラックキギョー) にBB(ブラックバイトー)

消費税の先送り増税をすすめる 先おクリ

という新しいキャラが登場しました。

悪キャラ軍団が加わってますますパワーアップしたカクサン部です

2014年11月28日 (金)

30日(日)は公開討論会です ぜひおいでください

Koukaitoron_411月30日(日)の午前10:00から愛知1区の予定候補者による公開討論が行なわれます。今朝事務所に実行委員会からFAXが届いていました。

受信時間は午前6時49分。急な選挙で実行委員会のみなさんも、かなり無理して準備をされているようです。こうした機会を提供していただく方々に心から感謝します。

今週の日曜日という急な話ですが、予定候補のナマの主張を聞くことができる数少ない機会ですので、ぜひお出かけください。

2014年11月27日 (木)

日本共産党の対案 財源もバッチリです!

こんにちは。衆議院愛知1区の大野ひろみつブログです、

26日、日本共産党は、総選挙にあたっての政策を発表しました。

今度の総選挙で何が問われているのか、日本共産党が、安倍政治をどう転換するかの対案を詳しく明らかにしています。

20141126_senkyo_zei_2

また、政策とは別に「『消費税にたよらない別の道』――日本共産党の財源提案」もあわせて明らかにしています。


第1に税制改革と浪費の削減で20.2兆円の財源

第2に2%の名目成長で10年間で20兆円の財源

ぜひご一読ください

総選挙で問われているのは安倍政権の政治全体

消費税10%への増税を許していいのか。格差拡大の「アベノミクス」を続けていいのか。集団的自衛権行使=「海外で戦争する国づくり」を許していいのか。原発再稼働をどうするのか。米軍沖縄新基地建設の強行を許していいのか。今回の総選挙で問われるのは、国民の民意を無視して暴走する安倍政治の全体です。

5つの転換を提案します

1、消費税10%増税は中止します。財源を確保するために2つの改革を

◆富裕層や大企業への優遇をあらため、「能力に応じた負担」の原則をつらぬく税制改革をすすめる

◆大企業の内部留保の一部を活用し、国民の所得を増やす経済改革で、税収を増やす

2、格差拡大の「アベノミクス」の暴走ストップ、暮らし第一への転換で経済をたてなおす

【暮らし第一に、経済をたてなおすための3つの提案】

①人間らしく働ける雇用のルールをつくる

②社会保障の連続削減ストップ、暮らしをささえ、人間としての尊厳を守る社会保障に

③TPP交渉からの撤退、農林水産業、中小企業と地域経済を振興

3、「海外で戦争する国」づくりを許さない 憲法9条の精神に立った外交戦略で平和と安定を築く

4、原発再稼働ストップ 「原発ゼロ」の日本をつくろう

5、米軍の新基地建設を中止し、基地のない平和で豊かな沖縄をつくります

全文は下記をご覧ください

http://www.jcp.or.jp/web_policy/2014/11/post-625.html

2014年11月26日 (水)

自民党政治とは別の道がある

こんにちは。衆議院愛知1区の大野ひろみつのブログです、

昨日、自民党が衆院選の公約を発表したようです。まだ全文は読んでいませんが、ざっと目を通したところでは以下の文言が明記されています。、

○消費税率10%への引上げは2017年4月に行います

○(平成26年7月1日閣議決定)に基づき、…安全保障法制を速やかに整備

○原子力については…重要ベースロード電源との位置付けの下、活用します

○「日米合意」に基づく普天間飛行場の名護市辺野古への移設を推進

国民の多数が反対し、沖縄の知事選挙で県民の明確な審判が下ったことすら、全く無視して、これまでの路線を推進することがハッキリと書かれています

あまりの内容に、今朝の「中日新聞」も「この道しかないのか」と題して真正面から批判する社説を掲載しています

http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2014112602000092.html

ただ、残念なのは、「この道」に代わる『別の道』を提示できないこと。

日本共産党は、本日、総選挙政策を発表し、安倍政権の進める『亡国の政治」にかわる、国民が主人公の『別の道』を全面的に提案します。

その大枠は11月19日の志位委員長の新宿西口での演説で示されています。

https://www.youtube.com/watch?v=RpWz5Ml3Qt4&feature=youtu.be

多くの方に自民党政治に代わる『別の道』があることを示して頑張らなきゃいけないなぁと思いを強くしています。

いまから名城公園駅の宣伝に行ってきます。

2014年11月24日 (月)

子育て世代の願いにこたえて

1122enzetukaiこんにちは、こんにちは。衆議院愛知1区の大野ひろみつのブログです、

11月22日に行なった演説会に参加した1歳児の子育てをしているお母さんから以下のようなメッセージが届きました。

----------------

同年代の友人家族と会ったときによく出る話題が「仕事は忙しいのに給料は低い、保育料高いよね~、貯金できないよ~」です。

少子化と叫ばれている世の中ですが、賃金が低く、今を生きることに精一杯の若者が日本どれだけいるのか自民党はわかっているのでしょうか?ましてや、集団的自衛権の問題もあり、自分の子供が戦争に巻き込まれてしまうかもしれない...と思うと、ますますこどもを産むということに消極的になってしまいます。

若者に希望を持てる世の中にしたい!安心してこどもを産み育てていきたい!そんな思いを改めて持つことのできた演説会でした。

日本共産党を躍進に期待するとともに私も旦那と娘と共に少しでも力になれたらなと思っています。

------------------

こんな思いを持っている子育て世代がたくさんいると思います。

私も大学1年の娘と高校1年生の息子がいます。

図書館の司書になりたいという娘は進学にあたって、奨学金を申し込むかどうかを悩んでいましたが、結局、「見通しのない“借金”はできない」と奨学金は受給せず、週末に結構長時間のアルバイトをしています。

また、図書館司書がどんどん減らされたり、派遣に置き換えられている事実を目の当たりして、将来への不安をかかえています。

子育て世代の願いにこたえる政治、若者が未来に希望のもてる政治を作るために、がんばらなきゃいけないなぁと思いを強くしています。

2014年11月21日 (金)

“入れるところがない…”というあなた 日本共産党があります

こんにちは、こんにちは。衆議院愛知1区の大野ひろみつのブログです。

ある大学で学生が行なったシール投票で、集団的自衛権や消費税など安倍暴走には圧倒的に“反対”が多数で、安倍政権のすすめる政治に多くの学生が反対だということが明確になりました。

しかし、「今度の選挙でどの党に投票しますか?」との問いには、全員が「投票する政党がない」と回答。安倍暴走政治に反対している方々が、どの党に思いを託せばいいのか、模索しているんだなぁとあらためてこの話を聞いて思いました。

一緒に活動しているSさんは、タクシーに乗ると必ず政治談議をしているのですが、この間2人の運転手さんのどちらもが「民主に入れたが裏切られた。自民党はダメだし、どこに入れるようか困っている」と言います。Sさんが「共産党があるでしょ」というと「そうだなぁ、そういう選択もあるか」と共産党が選択肢にのぼってくるとのことでした。

国民の声を聞かない暴走政治に加え、公約違反、政治と金の不祥事、政策も理念も投げ捨てた政党の離合集散など、政治不信が広がるようなことを多くの政党が行なっている中で、スジを通してがんばる日本共産党の姿を知っていただくために、がんばらなきゃという思いを強くしています。

Nakaajima_3


今朝は中味鋺バス停で岡田市議、すやま県議予定候補と宣伝。肌寒い早朝から5人の地域の後援会の方も駆けつけてくれました。手を振っていく方、声をかける方などやっぱり街頭の反応はいいですね。共産党がどんどん街頭に打って出て、党の政策、理念、歴史を訴えてがんばります





2014年11月18日 (火)

“想定外”の政治家たち

Dscn7919こんにちは、日本共産党の大野ひろみつのブログです。

GDPの速報値で2期連続の落ち込みとなったことに、政界からも経済界からも「想定外」という声が出されていることにとても驚いています。夜毎に、高級料亭などで語り合っている政治家や経済界の人々からすれば、庶民の暮らしの大変さや苦しみなどはどこ吹く風なのでしょう。政治や経済の舵取りをしている人々が、これほど国民の生活実感と乖離していていいものでしょうか。

だいたい、自民党や民主党の政治家のみなさんは、原発事故でも、自然災害でも、今回のことでも、「想定外」といえば責任が回避できること考えているようですが、これほど無責任なことはないと思います。

あらゆる事態を想定して、対策を立てることがリスクマネジメントの基本であり、とりわけ国民の生命と財産を守る政治家の一番の責任です。今度の総選挙は、こんな無責任な政治を大本から転換する選挙にしなければと思っています。

今朝は西区・浅間町交差点で、わしの恵子市議(県議予定候補)、青木ともこさん(市議予定候補)、地元の後援会のみなさんと一緒に元気に宣伝。

タクシーの運転手さんが車を停めて激励に来てくれたり、通勤途中の方が足をとめて署名したりと、ここでも有権者の関心が高く、日本共産党への期待が広がっています。

今朝はたすきを忘れて事務所にとりに寄ってから宣伝に参加したので、ちょっと遅れてしまいました。まだ“候補者モード”になりきっていないようで、反省しております。

2014年11月17日 (月)

さぁ、安倍政権の暴走に審判下す総選挙だ!

141117heiandori_2こんにちは。衆議院愛知1区の大野ひろみつのブログです。

来るべき総選挙で愛知1区から出馬することになりました。

さっそく今朝は事務所近くの平安通駅で、予定候補としての初仕事。

沖縄県知事選挙で翁長雄志さんが圧勝したことを報じる「しんぶん赤旗」を掲げ、「沖縄にこれ以上の基地はいらないという審判が下りました。今度は総選挙で、国民不在の政治を続ける安倍内閣へのきびしい審判を」と訴えました。

朝7時前に送った「宣伝やります」というメールを見て合流してくれた方や、宣伝の音を聴いてマンションから出てきて一緒にビラをまいてくれた方もいて、沖縄の選挙結果に励まされ、「今度は総選挙で勝とう!」という熱い思いがひろがっていることを実感した宣伝でした。

突然の解散は、暴走する安倍政権への国民の批判のひろがりの結果です。
「増税や原発再稼働のあとの選挙では負けてしまう」─これが自民党の本音です。
沖縄県民の下した安倍政権への審判に続き、今度は総選挙で安倍政権に審判を下す絶好のチャンスです。